BVDIオプション

BVDIオプションで
効率生産性UP

パフォーマンスや機動性を向上させるオプションで、仮想デスクトップをさらに強化。データ保護や暗号化、DRやBCP策定により、さらに便利に、安全に。

GPU搭載型VDI

VDI基盤に、NVIDIA社の仮想GPU※技術を取り入れることで、3Dグラフィックスを利用するプロフェッショナルユーザー、Webブラウザの表示、動画再生、Officeアプリケーションやビデオ会議など利用するビジネスユーザーにより快適な環境を提供します。
※GPU: Graphics Processing Unitの略

ファイルサーバーサービス

企業内で使うファイルサーバーをプライベートクラウドの中でご利用いただくサービスです。このサービスで、各拠点に分散するファイルサーバーを集中管理することができ、ユーザーの追加や削除、容量拡張などの煩雑な運用業務から解放されます。ビジネスの変化に対して柔軟かつスピーディーに対応できるファイルサーバー環境を実現します。

サービス概要

  • 通常のファイルサーバーと同様にエクスプローラからネットワーク経由でファイルを参照可能です。
  • ファイルサーバーサイズは、ディスク容量1TBから提供します。
  • 容量追加は、10G単位で対応可能。
  • 既存データの移行、既存システムとの連携は、個別カスタマイズで対応可能。

スマートデバイス対応

モバイルアプリケーション
管理(MAM)サービス

スマートデバイスは、紛失や盗難により保存データが流出する懸念があります。このサービスは、業務データを端末に保存せず、ネットワークを介して社内システムやクラウドサービスを利用するため、万一端末を紛失した場合でもリモートワイプ等を行う必要がなく、安全にBYODの導入が可能となります。

リモートデスクトップ
アプリサービス

モバイルアプリ管理(MAM)サービス経由で、仮想デスクトップに接続するサービスです。スマートデバイスにオフィスのPC画面を表示することで、自宅や外出先からの操作を可能とします。セキュリティと利便性の両立実現します。
※モバイルアプリ管理(MAM)サービスの追加サービスとなります。

ファイル暗号化

ファイルを暗号化することで、社内はもちろん、取引先企業とも安全なファイル共有を可能にします。万一、第三者にファイルが流出しても暗号化ファイルを解読することはできません。コピー&ペーストや印刷、Web送信といったファイル内容を抜き取る操作を制限できるため、利用を許可した相手からの情報漏えいも防止します。

ディザスタリカバリー
&事業継続計画対応

ディザスタリカバリー(DR)とは予期せぬ災害等によって被害を受けたシステムを復旧すること、事業継続計画(BCP)は重要事業が中断しないよう日常的に準備しておくことを指します。コスト面をはじめ、DR・BCP環境の基盤をオンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドのどこに構築するのか、どの程度のデータをどれだけの頻度でバックアップするかなどを考慮し、お客さまのポリシーに合ったご提案をします。

シンクライアント端末

仮想デスクトップ環境での利用に特化したセキュリティ面や管理面で優れている端末です。お客さまのご要望に沿ったシンクライアント端末をご提案します。