ユースケース

Case 4

仮想デスクトップの導入で、
医療アプリケーションの利便性が向上し、
遠隔医療、在宅医療などにも活用可能。

旧来型のカルテは間接的な事務作業が増大するため電子カルテの導入が進んでいます。しかし、コストやスペースに限界があり、さまざまな制限のなかでの運用を余儀なくされています。そこで、仮想デスクトップ上で電子カルテシステムを稼働させることにより、院内外を含めセキュアに利用することが可能になり、注目が集まる遠隔医療、在宅医療との連携にも十分なパフォーマンスが期待できます。

活用が想定されるインダストリー

  • 病院
  • 救命救急
  • 薬局
before
after
お問い合わせ
Page to top