より自由に、より便利に
豊富なアプリとサービス

Manifold applications and services

スマートデバイス対応

Smart mobile device services

モバイルアプリケーション管理(MAM)サービス

会社支給のスマートフォンのセキュリティはもちろん、私物のスマートフォンを業務に使用する(BYOD)場合、その管理が最大の課題です。多くの企業で使われているリモートワイプ(遠隔データ消去)では、プライベートなデータまで消去してしまう上、紛失時の管理者への申告からリモートワイプ実施までの間に、情報流出してしまうケースが考えられます。これに対し、モバイルアプリケーション管理(MAM)サービスは、業務データを端末に保存せず、ネットワークを介して社内システムやクラウドサービスを利用するため、仮に端末を紛失した場合でもリモートワイプを行う必要がなく、セキュアにBYODの導入が可能になります。

リモートデスクトップアプリサービス

モバイルアプリケーション管理(MAM)サービス経由で、仮想デスクトップに接続するサービスです。スマートデバイス(タブレット端末、スマートフォン)からオフィスのパソコンと同じ画面で自宅や外出先でも作業することが可能となり、セキュリティを確保しながら利便性を向上させることが可能となります。
※本サービスはモバイルアプリケーション管理(MAM)サービスのオプションサービスとなります。

ファイル暗号化

(IRM/インフォメーション・ライツ・マネジメント)

DataClasys

ほぼすべてのアプリケーションで暗号化ファイルを暗号化したまま利用できます。これにより、社内はもちろんのこと、海外の生産拠点や委託企業とも安全にファイルを共有することが可能です。万一、第三者にファイルが流出しても、管理者が許可した利用者しか暗号化ファイルを解読することができません。その上、コピー&ペーストや印刷、ウェブ送信といったファイルの内容を抜き取る操作も制限できるため、第三者による不正アクセスや流出だけでなく、利用を許可した者からの情報漏えいも防止します。

シンクライアント端末

Thin Client

シンクライアントとは、仮想デスクトップ環境下での利用に特化した端末です。Thin(薄い)Clientの名前の通り、仮想デスクトップ環境を利用するための最小限の機能しか持たないシンプルな設計で、さまざまなデータを格納しているPCと比較してセキュリティ面や管理面で優れています。 お客さまのご要望に沿った仮想デスクトップに合わせて、シンクライアント端末のご提案が可能です。

ディザスタリカバリー(DR)& 事業継続計画(BCP)対応

DR & BCP

ディザスタリカバリー(DR)とは予期せぬ災害等によって被害を受けたシステムの復旧を、事業継続計画(BCP)は重要事業が中断しないよう日常的に準備しておくことを指します。DR、BCPともに現代の企業経営には必須の備えと言われていますが、災害が起きなければ投資効果は得られないため、コスト面を考慮し、どこまでの対策が適当か、最適な方法を模索する必要があります。DR・BCP環境の基盤をオンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドのどこに構築するのか、どの程度のデータをどれだけの頻度でバックアップするかによってコストは大きく変化しますので、お客さまのご要望に応じて適切なDR・BCPシステムをご提案させていただきます。

導入コンサルティング

Consulting

お客さまのご要望に応じて、BizXaaS Office導入前調査(アセスメント)からご支援に参画させていただきますので、仮想デスクトップに関してあまり情報をお持ちでない場合も安心してご相談ください。

お問い合わせ