USE CASE

ユースケース

よりより業務環境を実現する使い方をご提案

CASE 1

CASBでクラウドサービスの
安全利用を推進

会社の許可なくプライベートのIDでクラウドサービスを利用する「シャドーIT」は、機密データや個人情報漏えいのリスクを孕んでいます。BXO Managed CASBは、クラウドサービスの利便性を保持したまま、利用の可視化・アクセス制御をすることで安全な運用を可能にします。非認可サービスへのアクセス遮断に加え、認可されているサービスについても、常にアクセス状況を監視し、機密情報のアップロード抑止、また不正な行為に対するアラート送信などで、企業の安全なクラウド利用を推進します。

CASE 2

SDPでいつでもどこでも
社内にアクセス

今まで企業内ネットワークへの接続はVPNが主流でしたが、VPN機器の設置や面倒な設定が必要となり、ユーザーもいちいちネットワークを切り替えなければならず、スムーズな業務とは言えませんでした。しかも外部からネットワークに入ったデバイスは安全とみなされ、すべてのリソースにアクセスする危険な状態でした。BXO Managed SDPは、VPN機器を設置することなく、安全に社内リソースにアクセスできるサービス。社内ADやデバイス認証との連携、きめ細やかなアクセス設定で、出張先はもちろん、在宅勤務などでも、安全な社内データへのアクセスを可能にします。

CASE 3

IDaaSで
個人IDの一元管理とSSOを実現

IT技術やサービスの多様化により、アカウント管理の重要性がより高まっています。社内システムやクラウドサービスの追加/変更、社員の部署異動や入退社時など、システム管理者にとっては大きな負担となっていました。BXO Managed IDaaSは、企業内システムやクラウドサービスなど社内外のアカウントを一括して管理。またシングルサインオンでスムーズな業務と、多要素認証によるセキュリティの強化も可能。アカウント管理の負荷を大幅に低減する便利なサービスです。